Category: 馬の品種

馬の品種:ロデオ

ロデオは、北アメリカにルーツがある家畜を使った伝統的なスポーツで、主に馬や牛を用いて競技を行うのが特徴です。ロデオの語源はスペイン語で、取り囲むという意味の言葉に由来します。馬のロデオ競技用で主流の品種はクォーターホースと呼ばれ、いわゆる中間種に位置するものです。

馬の品種:クォーターホース

ここでは、クォーターホースの概要を紹介します。クォーターホースは、アメリカにおいて発展した品種の1つです。正式にはアメリカンクォーターホースという名称であり、人間生活に役立てるために様々な目的のために改良されてきました。世界各地では数百万頭という単位で登録が行われていますので、世界で最も頭数の多い品種で有名です。クォーターホースが誕生したのはアメリカ開拓期にまで遡ります。ヨーロッパから連れて来られた地方原産の馬と、サラブレッドやアラブ種を混ぜ合わせて生産されたのが最初です。人間が改良を進めてきた馬は、クォーターホースやサラブレッドを含めて血統が非常に重要な役割を果たしています。クォーターホースの場合は、両親がともにクォーターホースでなければそれであると認められることがありません。実際に、この血統面での考え方や発展の違いは品種の面でもとても重要な意味を持っています。

ブリーディング:スタンダードブレッド

“ブリーディングの世界では、馬の分類方法にいくつかの方法があります。その中で馬の体型によって分類する方法があり、スタンダードブレッドは中間種に分類されます。中間種の特徴は軽快さと丈夫さを兼ね備えていて、競技用のスポーツホースや荷馬車を引くものまで幅広くいます。スタンダードブレッドは中間種の中の温血主に分類されて、別名アメリカントロッターと呼ばれてます。人間になつきやすい温厚な性格なので、人を乗せるのに適していて、騎乗用やレース用や競技用など幅広く使われています。全力疾走で比較すれば、軽馬種のサラブレットに敵わない事で、平地のレースで用いられる事は少ないですが、小刻みにスピード調節して走しったり止まったりを繰り返す速歩が得意なので、スポーツ競技の繋駕速歩競走などに使われています。

ブリーディング:サラブレッド

サラブレッドのブリーディングは、日本の場合は北海道を中心に千葉や九州などでも行われています。サラブレッドは一部に馬術で活躍する馬もいますが、基本的には競走馬としてレースを走らせるために品種改良されたものです。 現在地球上に存在するサラブレッドは、サイアーラインを辿っていくと必ずゴドルフィンアラビアン・バイアリーターク・ダーレーアラビアンのいずれかにたどり着き、この3頭のことを三大始祖と呼びます。

馬の繁殖

馬の繁殖の基本は優秀な競走成績を残したサラブレッド同士がかけあわされて行われます。競馬はギャンブルの側面もありますが、優秀なサラブレッドを選定するために行われているという意味もあるため、優秀な成績残した馬が繁殖にあがるのは自然なことです。

競馬で走っている馬の品種

世界では多くの品種の馬が競馬に使われています。ここではそれぞれの簡単な概要を紹介します。 サラブレッド 18世紀イギリスで競争用に品種改良された、競走馬として主流の種です。顔が小さく脚が長く、人を乗せたまま50〜70km/hの速度で走ることができます。スピードはありますが神経質で怪我をしやすい品種です。

競馬に向いている馬とは

に向いている品種であっても、その資質や才能にはかなり個体差があります。競馬に向いている馬には、どんな特徴があるのでしょうか? 競走馬に向いている性質とは ・臆病すぎない…馬は基本臆病な動物ですが、さまざまなものを極端に怖がり走れなくなってしまう個体もいます。