馬の繁殖

馬の繁殖の基本は優秀な競走成績を残したサラブレッド同士がかけあわされて行われます。
競馬はギャンブルの側面もありますが、優秀なサラブレッドを選定するために行われているという意味もあるため、優秀な成績残した馬が繁殖にあがるのは自然なことです。

現役時代の成績が基本となりますが、それと同じぐらいに重視されるのが血統になります。
サラブレッドの歴史は血統の歴史と言っても過言ではなく、より強いサラブレッドを作り出そうと多くの人たちが創意工夫を続けてきました。
それが現代にまで伝わる血統となっているだけに、血統を重視されることも少なくありません。
競走成績自体はイマイチであっても、その家族が抜群の成績を残していたり、あるいは繁殖成績が優秀な場合には血統を重視されて繁殖にあがることもあります。
その逆にせっかく優秀な成績を上げたとしても、血統の悪さを嫌われて子孫を残すことができないというケースもあるのです。
経済動物である以上は生産者としても売れなければ意味がありませんから、現役時代の成績が優秀でも血統が見劣りして敬遠されがちな配合よりも、成績が並でも血統の良さで人気になりやすい配合をするのは仕方のないことと言えるでしょう。
しかし、このような理由があることからある血統が爆発的に広まると、それが仇となって配合できる組み合わせが少なくなってしまいある時期を境に急激に勢力を落としてしまうこともあるのです。
この代表的な例として、セントサイモンの悲劇があります。

相性を考えてかけあわされることもあり、父はスピードが豊富でも持久力に欠ける、逆に母がスピードに乏しいものの豊富な持久力があると言った場合には、互いの長所をによって短所を打ち消す産駒を期待して配合されることもあります。
ただし、この方法は互いの短所を持った産駒ができてしまうこともあり、サラブレッドの生産の難しさを物語るものとなっています。

血統的な相性の良さを考慮して配合されることもあり、これをニックスと呼びます。
この方法はある程度実績が出てからでなければ相性がいいのか悪いのかを判別することができません。
ニックスの例としては2000年代では、母父メジロマックイーンの産駒にステイゴールドをつけると優秀な産駒が誕生をするとされていて相性のいい組み合わせに挙げられています。
代表産駒には夏冬のグランプリを優勝したドリームジャーニーにクラッシック三冠のオルフェーブル、GI7勝を挙げたゴールドシップと錚々たる名前が連なっています。