特別に優れた競走馬:『優駿』

特別に優れた競走馬:『優駿』

優駿とは特別に優れた競走馬のことをいいます。競走馬は一般に軽種のサラブレッドを指します。北海道のばんえい競馬で走っている重種とはことなり、400キロから550キロくらいのスリムな体型が特徴です。現在の競走馬は究極の品種改良を繰り返してきた、ということもできます。知っている人も多いと思われますが、サラブレッド血統の父系をさかのぼっていくと、必ず3頭の種牡馬に行き着きます。バイアリータークとダーレーアラビアン、ゴドルフィンアラビアンであり、18世紀の英国がアラブから優秀な馬を輸入したことがきっかけだとされています。
競走馬 馬名登録のルール

競走馬 馬名登録のルール

競走馬にはユニークな名前も多く、どのように名づけられているのか気になる人もいるはずです。驚くような名前もあり、ルールはないのだろうかと思ったことがある人も多いでしょう。実は競走馬 名前にはルールがあります。JRAで定められた競走馬 名前 ルールを満たす必要があることを知っておきましょう。競走馬の名前について気になるのであれば、競走馬 名前 ルールを確認することから始めてみてください。
競走馬の種類と歴史

競走馬の種類と歴史

馬の品種で一般的に思い出されるのは、競走馬にもなるサラブレッドかもしれません。しかし実際にはさまざまな馬の品種があって、たとえば世界中で北海道の帯広のみで開催されているばんえい競走用には、ペルシュロン・ブルトン・ベルジャンなどがあります。これら3種の純血種の混血である半血、それ以外の種との混血である日本輓系種などもばんえい競走用にはあります。
パラリンピックの馬術競技

パラリンピックの馬術競技

パラリンピック馬術の競技は、2020年東京パラリンピックの会場は東京都世田谷区にある馬事公苑というところで行われました。この会場は、1964年に開催されたときにも同じ会場を使用して行われています。馬事公苑の敷地面積は東京ドームの実に4個分の広さである18ヘクタールもあり、そこは日本の馬術の普及拠点として全国的に名高いです。
馬術大会:馬術クラス

馬術大会:馬術クラス

馬術はオリンピック競技にもなっているほど非常に華やかで高度な技術を必要とするものとなっていますが、その詳細はあまり知られていません。単純にあらかじめ決められた規定のコースを馬に乗って歩いたり走ったりすることで、その得点を競うものと言うイメージを持っている人が多いのですが、実際にはその他にも細かな取り決めがあるほか、様々な採点要素があるため、これを知っておくとさらに楽しむことができるものとなっています。
知っておきたい馬術大会の種類

知っておきたい馬術大会の種類

日本では様々な馬術大会やホースショーが開催されています。馬術競技会には様々な種類があり、種類リストで確認すれば自分に合うイベントを選びやすいです。ホースショーでは、馬に関連した様々なショーを見れます。競技の他に体験乗馬など、馬と接するイベントもあります。
馬術ってどんな競技?

馬術ってどんな競技?

馬術は馬に乗るスキル、技術のことで、競馬のような速さを競う競技と比べると日本ではマイナーです。その歴史は古く、ルーツはユーラシア大陸の民族の間で発達したといわれています。
馬術大会てどんなイベントなの?その内容をご紹介!

馬術大会てどんなイベントなの?その内容をご紹介!

馬術大会は名前のように馬術を競い合うイベントのことで、日本だと全日本馬場馬術大会が有名です。端的にいえば乗馬の技術を披露する競技で、馬そのものの能力や状態も問われますが、選手との相性も重要となってきます。オリンピックでも注目を集めた馬術ですが、障害物のジャンプという見どころがあり、ダイナミックな馬の動きを楽しめるのが魅力です。
競馬がモチーフのカジノ

競馬がモチーフのカジノ

このページを読んでいる皆さんは普段から競馬が好きな方や、これから始めようと考えている方かと思います。 競馬が好きなギャンブラーの方におすすめのカジノゲームがあるとしたら試してみたくありませんか?このページでは、競馬がモチーフになったスロットゲームや遊び方について解説しています。
オリンピックの馬術競技:総合馬術

オリンピックの馬術競技:総合馬術

乗馬にはスポーツとしての競技種目が複数ありますが、実際にオリンピックで実施される馬術競技は馬場馬術と近代五種競技(障害飛越)、障害馬術と総合馬術の4つであり、パラリンピックではパラ馬術(馬場馬術)のみが行われる特徴があります。