Author: admin

オリンピックの馬術競技:馬場馬術

オリンピックでは、馬とパートナーになり様々な項目をクリアしていくスポーツがあります。これを、馬術といいます。一般的に知られている馬術は馬場馬術と呼ばれているものですが、馬術競技については3種のものが存在し、馬場馬術はその1つに過ぎません。ですから、今回はその概要を詳しく紹介していきます。

オリンピックの馬術競技:障害馬術

オリンピックには、馬術競技と呼ばれるものが存在します。障害馬術もその1つになっていて、東京オリンピックにも採用されている列記とした競技です。今回は、この馬術競技や障害馬術の概要を詳しく紹介していきます。

オリンピックの種目:馬術競技

東京オリンピックの競技種目の一つでもある馬術は、動物と一緒に参加することができる唯一の競技種目です。馬に乗る競技ということは多くの人が知っているかもしれませんが、どのような競技なのか、どのような技術が求められるのかはわからないという人が多いことでしょう。内容もわからないので楽しく観戦することができるかわからないと思う人も多いかもしれませんが、たとえ競技の経験がない人であっても楽しく観戦することができます。馬の動きは非常に繊細であり、時にはダイナミックな動きもあり、ほかの競技には見られることのない、人間と動物が一体になり競う姿が印象的です。しかし何も知らないで観戦するよりも、少しの知識を持って観戦した方が、何も知らないよりも何倍も楽しむことができるでしょう。

人気のネットチャンネル情報番組:競馬

競馬は、公営ギャンブルとして提供しているため、各自治体や組織が協力をして様々なオンラインサービスが提供されています。これは、地方競馬であっても例外ではありません。オンラインチャンネルを利用すれば、無料であってもサービスを利用できるものもありますので、とても使いやすいものが多いです。その中でも、特に人気の高いオンラインチャンネルのトップ5を紹介します。

馬の品種:ロデオ

ロデオは、北アメリカにルーツがある家畜を使った伝統的なスポーツで、主に馬や牛を用いて競技を行うのが特徴です。ロデオの語源はスペイン語で、取り囲むという意味の言葉に由来します。馬のロデオ競技用で主流の品種はクォーターホースと呼ばれ、いわゆる中間種に位置するものです。

馬の品種:クォーターホース

ここでは、クォーターホースの概要を紹介します。クォーターホースは、アメリカにおいて発展した品種の1つです。正式にはアメリカンクォーターホースという名称であり、人間生活に役立てるために様々な目的のために改良されてきました。世界各地では数百万頭という単位で登録が行われていますので、世界で最も頭数の多い品種で有名です。クォーターホースが誕生したのはアメリカ開拓期にまで遡ります。ヨーロッパから連れて来られた地方原産の馬と、サラブレッドやアラブ種を混ぜ合わせて生産されたのが最初です。人間が改良を進めてきた馬は、クォーターホースやサラブレッドを含めて血統が非常に重要な役割を果たしています。クォーターホースの場合は、両親がともにクォーターホースでなければそれであると認められることがありません。実際に、この血統面での考え方や発展の違いは品種の面でもとても重要な意味を持っています。

馬のトレーニング

競馬のレースに出馬する馬は専用の施設でトレーニングを受けています。国内にある競馬のためのトレーニング施設として有名なのが、美浦トレーニングセンターです。施設には馬を調教するための数多くの施設があります。この施設は日本国内でも最大規模の面積を持ち、合計で2300程度の馬を収容できるスペースがあります。

競馬種を知る:アラブ種とは

世界の競馬種には、2つの品種が存在します。それぞれ、サラブレッドとアングロアラブと呼ばれるものです。このうち、アングロアラブがいわゆるアラブ種と呼ばれています。

競馬:耐久レース

世の中には様々な耐久レースが存在します。参加する対象は時には人間であったり、時には車だったりしますが身体的にも精神的にも大きな負担を強いられそれを乗り越えたところに計り知れない達成感が生まれます。馬の世界にも耐久レースが存在します。昔から人と馬とのかかわり方は非常に密接ですが、世界で一番長い距離を複数の馬で競争するレースとして知られているのはモンゴルダービーです。これはギネス世界記録にも公式に記録されている大会であり、毎年開催されているレースです。